ダヴ:パッチ

ダヴ:パッチ私達は、美しいと思える方法をみつけました。

いつの日か、女性は誰でも、自分自身を美しいと思うことに抵抗を感じてしまうものです。
まわりの誰かが褒めてくれたとしても、とっさにそれを否定してしまうのです。
私達が2010年に行った調査によると、女性の4%しか自分のことを美しいと
感じていないことが分かりました。たったの、4%です。

だからこそ私達は、世界中の女性が自分の秘めた美しさに気づけるようサポートする
ことで、自分のことを美しいと思う女性が、100%に到達することを目指しています。
私達は、すべての女性が自分の内に秘めた美しさに気づき、自分の姿に自信をもてるようになることを願っています。なぜなら、そうすることで、女性は生き生きと日々を明るく豊かに過ごすことができるようになると私たちは信じているからです。

そこで生まれたのが、リアルビューティー スケッチに続く、ダヴ 動画キャンペーン、
ダヴ:パッチ。まさに美の実験ともいえる、自分の美しさに対する見方の変化をたどった
ドキュメンタリーです。

私達は、一般の女性に協力してもらい、自分の美と向き合えるようになるために、
ビューティーパッチを毎日つけて頂きました。

女性の身体イメージのエキスパートであり、アメリカのシンシナティ心理療法協会の
心理学者アン・カーニー・クーク先生監修のもと、女性たちに毎日12時間、15日に渡って ビューティーパッチをつけ、日々の気持ちをビデオ日記として記録してもらいました。

最初はなかなか違いを感じるのが難しいようでしたが、実験が進むにつれ、少しずつ
変化の兆しが見えてきました。カーニー・クーク先生との日々の面会を通して、
少しずつ自分の美しさに気づくようになっていったのです。日々を追うごとに、女性たちは
社交的になっていきました。自分の素顔に対しても、もっとオープンに自信を持つように なっていったのです。
さらに、人から褒められることを、前よりも素直に受け止められるように なってきました。 日々の経過とともに、自分の美しさに気づき、
自信を得ていったのです。

驚きの結末は取っておき、これ以上は何も言わないことにします。
ただ最後に一言だけ、この実験にはまだ明かされていない事実があるようです。

動画を見て、あなたの感想を教えてください。美しさは、心の在り方しだいなのでしょうか。